2021年1月22日金曜日

はじめて学ぶ LGBT

  本校の人権教育は、部落差別問題、障がい者差別問題など幅広いテーマを取り上げ、また座学だけでなく「車椅子体験」「アイマスク体験」など様々な取り組みを実践しています。

 今学期は、10月の教員研修でもお世話になった、弁護士の仲岡しゅんさんをお招きし、「はじめて学ぶLGBT」というテーマで講演をお願いしました。仲岡さんは自らLGBTの“T”、すなわちトランスジェンダーであることを公表し、ジェンダーに関する多くの法律相談にも対応されています。また、関西大学の客員教授も務められ、毎日放送「ミント!」水曜日にもレギュラー出演されています。

 今回は感染予防対策として各教室でのGoogle Meetによるリモート講演会としましたが、講演開始前に仲岡さん自ら全教室を回り自己紹介してくださいましたので、生徒たちの緊張もかなりほぐれたようでした。 

生徒たちに自己紹介をされる仲岡さん

真剣に講演を聴く生徒たち

  講演では、人の性のあり方は揺らぐ傾向があり、LGBTにあてはまらないケースもあり、それらついて例を挙げて説明してくださいました。また、カミングアウトには相手に対する信頼があり、その信頼は絶対に裏切ってはならないと強調されていました。

熱心にメモを取る生徒

Google Meet

 最後は生徒会会長のお礼の言葉で締めくくりましたが、終了後、個別相談や質問を希望する生徒がかなりおりましたので、急遽別室を設定し対応していただきました。

生徒会長お礼の言葉

 講演を聴くことでLGBTを正しく理解し多様な性のあり方を知ることで、様々な価値観を尊重し、寛容な心を育てることができればと考えております。またLGBTの悩みは「14歳の壁」があり、一人で抱え込む傾向があるそうです。いじめなど深刻な問題に発展しないよう、教員も一層正しい理解に努め、この問題に対するセンサーの感度を高める必要があると感じました。


2021年1月18日月曜日

英検2級合格!

  快挙です! 本校3年生の末吉麻彩さんが英検2級に見事合格しました。英検2級は「準2級までしっかりつけてきた力を、実生活の様々な分野で応用できる力を身につけている級で、レベルは高校卒業程度」とされています(英検協会HPより)。高校卒業レベルの2級に中学3年2学期で合格は立派なことです。1月15日に本人の努力を称えて記念品の授与を行いました。末吉さんは「高校でも英語の学習に励み、さらに上の級を目指したい。将来は英語を生かせる職業に就きたい」と抱負を述べてくれました。

 本校では「ICT教育の推進」「道徳教育の充実」と並んで「英語教育を通じたグローバル教育」を教育の柱としています。通常の授業以外に次のような様々な取り組みを実践しています。

1.英語多読多聴講座

2.ネイティブ講師とのティームティーチング授業

3.オンライン英会話

4.英検全員受検

5.イングリッシュキャンプ

6.海外語学研修

7.留学生の受け入れ

 今年度はコロナ禍のため実施できなかった取り組みもあり、先行きも不透明ではありますが、本校自慢のICTを駆使して、例えば国内に居ながら擬似ホームステイ体験のできる「体験型・国内研修」なども積極的に取り入れていきたいと思います。そうすることで、中学校在学中に英検「準2級」「2級」を取得する生徒もどんどん増えてくると期待しています。 


2021年1月15日金曜日

中学校朝礼 初心忘るべからず

 先日の始業式にて、1日1日を大切に丁寧に過ごせば時間はゆっくり流れる。3学期があっという間に過ぎ去ってしまうことはない。という話をしましたが、皆さんは始業式以降の1週間を振り返ってみてどうですか。何もしないうちに1週間経ったという生徒は毎日を丁寧に過ごしてこなかったのではないでしょうか。3学期残り2ヵ月間、小さなことでも良いので何か目標を定め充実した学校生活を送ってほしいものです。

本日も“リモート朝礼” 司会は副会長
1,2年生から3年生へ「卒業までの日めくりカレンダー」贈呈

 明日16日から「中学校入試」が始まります。さて、皆さんは自分が中学校受験に挑戦していた頃のことを覚えていますか。多くの生徒が「中学校に入ったら英語を頑張る」とか「クラブ活動で全国大会を目指す」などの目標を抱いていたことと思いますが、月日が経つにつれ、そのような決意も次第に薄れてしまうことが多くあります。三日坊主になってしまうのですね。ただ、三日坊主は悔やむことではありません。誰にでもあることです。1学期のブログでも書きましたが、三日坊主で終わってしまうのはいただけませんが、立ち上がってまた始めれば良いだけです。「継続」というのは、三日坊主が何度も連続したものだと思ってください。

 「初心忘るべからず」という言葉があります。室町時代、世阿弥という方が書かれた能楽の教科書・花伝書にある言葉ですが、こちらも同じように考えてはどうでしょうか。つまり、初心を忘れてしまってもそれは恥ずかしいことではありません。また思い出せば良いのです。思い出してやり直せば良いのです。良くないのは、自分で気付いているのに「いつかそのうち」「だって」「どうせ」という言葉で逃げてしまうことです。自分で目標を低めてしまわないようにしましょう。

寺井名誉理事長による扁額「初心生涯」

 そういう自分もすぐ初心を忘れてしまう傾向があり、例えば、読み始めて挫折した入門書もたくさんあります。図書館入口に掲げられている本校名誉理事長、寺井種伯先生による扁額「初心生涯」を見る度に、忘れていた初心を思い出しています。 


2021年1月14日木曜日

緊急事態宣言 臨時全校朝礼

  昨日夕刻、大阪・京都・兵庫の2府1県及び愛知・岐阜・福岡・栃木の各県について「緊急事態宣言」が出され、そのことについて今朝の臨時全校朝礼にて理事長・学院長先生より詳しいお話がありました。

 重要なことは、『マスク』『換気』『検温』『消毒』『ソーシャルディスタンス』などの基本的な感染予防対策を今まで以上に徹底した上で、通常の学習活動を継続していくことです。体育など感染リスクの高い教科や校外学習等については内容を変更する可能性はありますが、基本的に学校は休校にはなりません。安心してください。

 一方、クラブ活動にはかなりの制限が課されています。練習試合や競技によっては公式試合までもが中止や延期になり、突然目標を失ってしまった生徒の皆さんの気持ちを思うと胸が痛くなります。ただ、活動は禁止ではありません。制限が加わったとしても、感染者を出さず、クラスターを発生させず、できる限り活動を継続できるように今回新たに示されたルールを守り、静かにしかし心は熱く次の大会に向け力を蓄えて欲しいと思います。春になると一斉に美しい花を咲かせる桜の木のように、冬の間に力を蓄えようではありませんか。

 緊急事態宣言の期間は2月7日(日)までです。宣言が延長されることのないよう、特に学校生活以外で不要不急の外出は控えること。一人ひとりが自覚を持って行動してください。皆さんならできるはずです。

 コロナ感染症のことなどで何か心配事のある生徒は、担任・副担任の先生やクラブ顧問の先生など話しやすい先生に相談してください。下記のような相談窓口もあります。決して一人で悩まないように。


2021年1月7日木曜日

新春拝賀始業式

 皆さん、明けましておめでとうございます。

 外出自粛が強く求められた年末年始でしたが、穏やかに過ごすことができたでしょうか。冬休み中、事故などの連絡も無く、本日無事に3学期始業式を迎えられたこと、大変うれしく思います。今まではあるのが当たり前で、特に意識もしなかった学校行事が、この1年間コロナ禍に襲われてからは、実施できることに安堵感と大きな喜びを感じるようになりました。

新春拝賀式を上空より

 さて、今年は丑年。丑というのは元々は動物の牛ではなく、植物の種子の中で新芽をなかなか出すことができない我慢の状態、そして間もなく芽を出す前触れの状態を表しているとも言われています。今年は「東京オリンピック・パラリンピック」の年でもあります。東京都などに緊急事態宣言が発出されるなど、コロナの第3波は依然として厳しい状況が続いていますが、そのような中にあっても、新しい何かが始まるような、明るい話題の多い一年になって欲しいと思います。

 ただ、3学期は「1月は行く」「2月は逃げる」「3月は去る」と言って、あっという間に過ぎてしまうと言われています。そうならないためにも、目標そしてその先にある目的をしっかり持って、一日一日を大切に丁寧に過ごしてください。

御神楽奉納「尚学の舞」

雅楽部による尚学の舞の奏楽

 3年生は高校生になる準備段階もいよいよカウントダウンに入ります。高校入試は2月10日です。

 2年生はまもなく最上級生ですね。勉学に励むことは言うまでもありませんが、クラブ活動や学校行事でも学校全体のリーダーになって欲しいと思います。

 1年生は早いもので“先輩”になるのです。今月23日には4月に入学してくる新入生たちが登校し入学準備を始めます。頼られる先輩になってください。

代表生徒以外の生徒たちは教室にて

リモートにて学院長先生の式辞に耳を傾ける生徒たち

 3学期は皆さんにとって1年間の学校生活の総まとめであるとともに、新しい年度に向けての「助走期間」でもあります。皆さんの成長を楽しみにしています。

 最後に、感染予防対策は今まで通り、いや今まで以上に徹底してください。マスク・手洗い・消毒・ソーシャルディスタンス・大声は出さない。本日、理事長・学院長先生から戴いた「お年玉」のアルコールジェルもどんどん使いなさい。自分の命を大切に、そして周りの人たちの命も大切に、しっかりとした行動を取ってください。 


2020年12月26日土曜日

2学期終業式

  コロナウイルス第3波が猛威を振るう中、現場の最前線で奮闘されている医療関係の皆様に心から感謝の気持ちをお伝えするとともに、罹患された方々の1日も早い回復を祈りたいと思います。感染者数、重症者数、死者数ともに高い水準で推移しています。この状態が続くと医療体制が崩壊してしまうとも言われています。

代表生徒による一斉参拝

 明日から冬休みに入ります。例年ならば、繁華街での買い物や食事に出かけたりと、楽しい年末年始を過ごすところかと思いますが、今年に限っては、外出をできる限り自粛してください。皆さんなら容易に理解し、実行してくれると思っています。徹底してください。ただ、家に居てテレビやゲーム三昧というのはいかがなものでしょうか。こういう時こそ、普段十分にできない家事の手伝いなどを通じて、家族の一員としての意識を深めることも大切です。一日中読書にふけるのも良いと思います。図書館は、冬休み特別貸し出しとして、一人5冊まで貸し出しています。これらのことは逼迫している医療体制を守ることにもつながっているのですよ。令和3年が皆さんにとって穏やかな良い年になるように今年の年末年始は我慢です。

表彰伝達:女子器械体操部

表彰伝達:男子器械体操部

表彰伝達:税に関する作文

表彰伝達:空手道部

表彰伝達:野球部

 さて、皆さんは「数え年」という年齢の数え方を知っていますか。「満年齢」は誕生日に1歳ずつ年を取りますが、数え年は生まれた時が1歳で、元日が来るごとに1歳年を取る数え方です。もちろん現代は満年齢を使っていますが、例えば「七五三」や「厄年」、亡くなられた方の「〇回忌」といった日本の伝統文化の中では今なおしっかりと根付いています。昔はお正月を迎えると一つ大人になると考えていたのですね。

 長い休校期間、短い夏休み、入学式も遠足もない、辛い1年だったことと思いますが、今日こうして1年の終わりに皆が集まり無事に2学期終業式を行うことができ、そしてあと5日で新年を迎える、すなわち皆さんが一つ大人になるということを共に喜びたいと思います。

オンライン終業式

 何をもって「大人になる」と考えるかは人それぞれと思いますが、先生は「自分の価値観を持つ」ことだと思います。周りの価値観に左右されず「自分はこう考える」と言えるようになることが大人への第一歩だと思います。

 学年が上がるのは4月ですが、3学期には少し大人になった姿を見せて欲しいものです。体調管理を徹底し、一人ひとりが新年の目標に向かって着実に歩んでくれることを期待しています。それでは、元気で来年の始業式で会いましょう。


2020年12月24日木曜日

生徒による授業アンケート

  本校では生徒による授業アンケートを実施しています。全教員の授業を、その先生の授業を受けている全生徒が「評価」するのです。結果はすべて教員にフィードバックされ、一人一人の教員が自分の授業を振り返り、今後の授業の質的向上につなげていくのが目的です。

 日々の授業が生徒にどう評価されるのか気になるところではありますが、アンケートから気づかされることもあり、教員にとっても貴重な機会です。生徒のアンケートをもとに授業が改善されることで、生徒・教員間のコミュニケーションが図られ、信頼関係も深まっています。

 中学校で授業をしている全教員を対象に実施しますので、以前は集計作業に数日かかっていましたが、ICTを導入してからは瞬時に終わりますので、教員側も結果にやきもきすることもなくなったようです。

授業の進度について

 アンケートは「授業レベル」「授業進度」「板書」「説明」「電子黒板の活用」「Chromebookの活用」の6項目に分かれ“ICTの活用”にもチェックが入っています。それぞれの項目の評価は5段階ですが、単純な1~5ではなく、例えば「授業レベル」では、

 1.レベルが高く満足だ。

 2.レベルが高すぎて付いていけない。

 3.理解しやすくレベルもちょうど良い。

 4.理解しやすいがレベルは少し低い。

 5.易しすぎて退屈だ。

のように具体的な評価から一番近いものを選びます。教員側も自分の授業をより客観的に見つめる材料となります。

 尚、今年はコロナ禍のため実施できていませんが、授業参観の機会を利用して、保護者の皆様による授業評価も実施しております。

 今後、デジタル教科書、アダプティブラーニングなど更にICT化が進むにつれ、アンケート項目も検討を加えなければなりません。「板書」という項目は無くなってしまうかもしれませんね。